-ラブラボ-科学的に証明されたモテる方法を発信するメディア

モテる男は追わないで追わせる

いつも女性を追いかけていて

上手くいかない人いませんか?

 

モテない人は、

必死に追いかけていて

思い通りにならない人

多いと思います。

 

それ追いかけているからダメで

逆になれば思い通りにすることも

簡単になるんです。

 

実際、追いかけるより

追われる側になったほうが

圧倒的にモテます

 

ちょっとしたコツがあれば、

誰にでもできることなので

絶対に試してみてください。

めちゃくちゃ効果ありますよ。

 

モテる男は追わない、恋愛は追わせることが重要

 
恋愛屋ジュン
モテる男は恋愛において相手に追いかけさせている

 

追われる男って魅力的なんですよ。

 

やっぱり、

恋愛において追わせることが

非常に重要になってくるんですね。

 

これはなぜかと言うと、

惚れたほうというのは、

認知能力が落ちる

という研究結果があるんです。

 

人のことを好きになると

自分の脳内から恋愛物質が出て、

自分の認知能力が落ちます。

 

これ人間の頭の能力が

どれくらいまで落ちるのかというと、

だいたい、チンパンジーくらいと

同じレベルくらいまで落ちます。

 

20分先のことしか考えられなくなります。

 

なので、恋愛においては

絶対に追いかけさせる

というのがセオリーです。

 

女の子に対して、

「この人のこともっと知りたいな」

と思わせることで

女の子のほうに

追いかけさせることができます。

 

女の子があなたのことを好き、

好きとなってしまえば、

認知能力はチンパンジー。

 

当然なんですよね、

20分先のことしか考えられない。

 

もう

周りの社会常識とか

しがらみとか

友達関係とか

 

そういうのも一切排除して

あなたのことが好きってなるわけですよ。

 

そりゃ、判断能力も鈍ります。

そうすれば、あなたの思い通りに

恋愛を有利に運ぶことが

できるようになります。

 

モテる男は追わない、女の子に追わせる具体的な方法はコレ

 
恋愛屋ジュン
女の子を追わせるようにするには「余白」を作ることが必要

 

女の子を追わないで、

女の子に追わせる方法って

具体的にどうすればいいか教えます。

 

それは、

「余白を残す」

ということが

非常に重要な方法になります。

 

余白を残すってどういうことと言うと、

具体例をだしてみます。

 

余白の作り方は、

「はぐらかし×質問返し」

という感じで作ります。

 

例えば、

女の子に休みの日何しているのか?

って聞かれたとします。

 

この時は、

まともに答えるんじゃなくて

はぐらかします。

 

「可愛い女の子を口説いている」

とか冗談で言うんですよ。

 

女の子が

「本当にしてそう~」

「やだ~」

とか言われるんで、

 

「これは今日やり始めたんだよね」

とか冗談で女の子の質問には返していきます。

 

冗談ではぐらかしているうちに

タイミングをみて

女の子に質問を返していきます。

 

女の子が「やだ~」とか言っているうちに、

そういえば、〇〇ちゃんは休みの日何してるの?

って聞き返します。

 

そうしたら、

女の子は質問に答えよう

っていう頭になるので

僕の正しい回答を聞くことなく、

自分が休みの日に何をしているの

っていう話を始めます。

 

こういう会話を積み重ねていくことによって、

自分の情報を開示せずに女の子を

楽しませるっていうことができるんですよ。

 

なので、具体的にやることは2ステップです。

 

まず最初は、

女の子からの質問を適当な冗談ではぐらかして、

女の子から何それとか適当な反応をしている間に

すぐ質問を返します。

 

これの積み重ねによって「余白」というのが作れます。

 

この余白に女の子は

追いかけたくなるんですね。

 

こういうことを続けていると、

デートで分かれた後は楽しかったけど、

結局どんな人なのか

何をしている人なのか

全然わからなかったという感じになります。

 

こんな感じになったら、

次この後、どんな感情が出てくるのか、

分かりますね?

 

これ、また会いたい、もっと知りたい。

 

この感情を持たせることができれば

もう勝ちですよね。

 

もっとこの人のことが知ってみたい。

 

そして、その先長く関係を続けていくにしても

自分の情報は少しずつ出していくようにします。

 

そして、

1か月、

3か月、

半年たった時にでも

女の子に新たな発見が

あるようにするんですよ。

 

この人ってこういうこともしてるんだ。

こういうのも好きなんだ。

こういう趣味があるんだ。

こういう目標があるんだ。

 

こういうのを中々言わないで

ちょっとずつ出していく。

 

こういう、ちょっとずつの情報を出していくことによって

ギャップっていうのも作られていきます。

 

やっぱり、ギャップって魅力的って言いますよね。

 

なので、

自分の情報はちょっとずつ出していくというのを意識して

女の子とコミュニケーションをしてみてください。

 

この意識するだけで、

追う側から追わせる側に

なることができます。