-ラブラボ-科学的に証明されたモテる方法を発信するメディア

マッチングアプリで出会えるプロフィールの大原則を公開します

マッチングアプリで出会えるプロフィールの大原則について説明します。

モテるプロフィールですね。

どういう風にプロフィールを書けば、女の子は会いたいと思ってくれるのかという説明をします。

 

まず最初に多くの男性が間違えていることがあるんですね。

それは、多くの人がプロフィールは自己紹介と思っていること。

実はプロフィールを自己紹介だと思っている人のプロフィールでは会えません。

 

なので、今回の記事をしっかりと読み込んで、モテるプロフィールの原則をしっかりと学んでいってください。

そうすることで、多くの男性に勝てる、出会えるプロフィールを作ることができます。

 

マッチングアプリのプロフィールで抑えるべき大原則

 
恋愛屋ジュン
マッチングアプリでのプロフィールを自己紹介にしてはダメ

 

実はマッチングアプリのプロフィールって自己紹介じゃないんですよ。

アプリ上では、自己紹介を書いてくださいと書いてあるんですが、

本質的に自己紹介をする場所ではないということです。

 

じゃあ、プロフィールで本質的に僕たちは何をしているか?

自己紹介を書いていますよ、という体で女の子は文を読みます。

では、その文章を通して僕たちは何をしていくべきなのか。

 

これは「未来を想像させる」になります。

 

女の子に対して僕と君が一緒になったら

どういう未来になるのか?

ということを想像させます。

これが正しいプロフィールの書き方になります。

 

自己紹介というのに

自己紹介文、プロフィール文で

紹介をしてはダメなんですよ。

 

この紹介を通じてゴールがここ。

僕と君がもし一緒になったら・・

 

どういう生活が送れるのか、

どういう未来が待っているのか、

というのを想像させる必要があります。

 

これはなぜ想像させる必要があるのかというと、

人間というのは想像できたものしか現実にできない

という性質があるためにあります。

 

例えば、晩御飯に牛丼を食べたいとしますよね。

じゃあ、あなたは家から出て、自転車でも車でもなんでもいいですけど

何かに乗って牛丼屋さんまで行ってオーダーして牛丼が出てくるまで

を完璧に想像できます。

 

完璧にできますよね。

だから、現実にできるんですよ。

 

人間はこの想像できないもの、

未知のものはやらないようになっているんです。

これはなぜかというと危ないからですね。

 

原始時代、想像できないものをするというのは、

命の危険があったからなんですよ。

 

例えば、未開のジャングルの中に入っていく。

これ、何が起こるのか想像できませんよね。

そういう場所は、僕たち人間の本能は危ないよ

っていうことを知っているんですよ。

 

だから、女の子に対して想像させることが出来なければ、

女の本能は危ないからやっちゃダメだよって言うんですよ。

 

だから、この人と会うことによって、一緒にいることによって、

どういう未来が訪れるのかというのを想像させないと会えません。

 

それは、女の子の本能が分からないからです。

人間の本能は、分からないことはやらないようになっています。

なので、分からせてあげるということをする必要があります、

という話です。

 

マッチングアプリのモテるプロフィールの原則を具体例で解説

 
恋愛屋ジュン
プロフィールは自己紹介の独りよがりはダメ、Weを意識して書くこと
 

じゃあ、具体的にどういう風に自己紹介を書いていけばいいのか、

という具体例を説明していきます。

 

まず、分かりやすいのは趣味ですね。

例えば、映画が好きです、という趣味ですね。

 

これ凄く書きやすいなと思うんですけど、

多くの人がやってしまいがちな間違ったバージョンはこうなります。

 

例えば、映画が好きで週末はネットフリックスの amazon prime とか見たり、

たまには映画館も行ってますよ。

 

・・・これ自己紹介ですよね。

履歴書に書くみたいな感じですよね。

なんか、結婚相談所のプロフィールに書くみたいな感じですよね。

 

これだと意味がないんですよね。

ただの紹介ですので何にも想像できないんですよ。

 

あ~この人って映画好きなんだ。

以上、終了になります。

 

じゃあ、映画が好きで未来を想像させるということを考えたときに

「一緒に映画デートとか良くないですか」みたいな話をすればいいんですよ。

 

そしたら想像できるんですよね。

 

こんな感じの例になります。

映画が好きで、毎週見ています。

まったり映画デートとか素敵ですよね。

 

そしたら、この文章を読んだ女の子は何を想像するのか。

あなたと映画デートに行くことを想像します。

そういう風に誘導するんですよ。

ポイントはここですね、映画デートという言い回しになります。

 

一緒に映画見に行くとかでもいいし、

カフェ巡りが好きなんだったらカフェ巡りデートとかいいですよね。

こういう言い回しが大事になってきます。

 

自己紹介の文は、ものすごく独りよがりなんですよ。

逆に例にしている文は、「一緒に」なんですよ。

 

僕は映画が好きだから一緒にこういうことをしないですか

っていう、いわゆる提案型の文章です。

プロフィールを通して、映画デートしようねって言っているんですよ。

 

NGのプロフィール例は、登場人物が1人しかいないんですね。

映画が好きで僕はネットフリックスを見てる。

僕は映画館に行く。

 

主語が全部僕なんですよ。

私はこうです、しか行言ってないんですよ。

 

私は映画が好きで毎週見ています。けどこっちですよね。

まったり映画デートとか素敵ですよね。

 

これ主語、英語で書くとweですよね。

私たちが映画デートに行くんですよ。

 

プロフィールの大原則の今回の結論になります。

結論は文章の主語は私たち(we)にするんです。

 

weです。

 

英語で言うとIじゃないんですよ。

ある程度、weにつなげるためのIというのは必要ですけどね。

 

そう1行目は、IですねI like movie です。

映画が好きです。

けど、2行目に私たちは映画デートとか

一緒に行けたら楽しいですよね

っていうことを言います。

 

主語はweで私たちですね。

 

私たちがenjoy 映画デートですね。

We enjoy 映画デートですよね。

 

とにかく、まず最初はIで書きます。

何か趣味とかこういうことをしています。

 

その後にちゃんと weで書いてあげるとすると、

女の子はあなたの未来を想像できます。

 

なぜかというと、 weというのはI&youですよね。

 

だから、君が一緒に映画デートに行くというのが、

しっかりと想像できるようになります。

 

主語weの文を必ず2、3個以上は入れるようにしてください。

これだけで女の子の反応率、劇的に変わります。

 

かなり会えるようになります。

 

女の子も結構ノリノリで会いに来たりします。

なので是非、主語をweにして未来を想像させるプロフィール

というのを書いていってください。