マッチングアプリのプロフィールで好感度爆上がりするサブ写真の例を紹介

マッチングアプリで好感度爆上がりする

プロフィールのサブ写真の撮り方を今回は書いていきます。

 

どういうサブ写真を設定することができたら、

 

女の子はより深くあなたに好感を抱くのかとか

会いたいなーとか、

もっと言えば、この人と付き合えたらものすごくイイだろうなとか

 

そういうことを女の子が想像したり、

妄想したりするのかというのは、

サブ写真の設定が大事になってきます。

 

最後には、こういった写真を設定してください

という例まで紹介するので、是非やってみてほしいと思います。

 

マッチングアプリのプロフィールのメイン写真とサブ写真の違い

恋愛屋ジュン

プロフ写真は、メイン:イケメン、サブ:父親的な感じ、この順序が大事
 

このメイン写真とサブ写真まず何が違うんですか、

というところから最初に解説していきます。

 

最初のメイン写真は、

もうなに勝負かというとイケメン勝負です。

 

これはいろんな動画で言っていると思うんですけど、

女の子のいうイケメンというのは顔の作りが良いではないんですね。

 

だから安心してください、

ということです。

 

このイケメン風の写真を撮るために、

私たちは何をしなければいけないのかというと、

ざっくりと髪型、服装、あとは雰囲気の良い背景とか

あとは誰かに撮ってもらうとか、そういうことをやる必要がありました。

 

それを満たすことが出来れば、

最初の写真でこの人はイケメンだと思われます。

 

このイケメンって、いわゆる何を言っているのかというと、

こいつは遺伝子的に優秀だなということを判断したという事が

イケメンということになるんですね。

 

つまり、女の子の本能からしたら、

良い遺伝子を持っているって言うことなんですよ。

DNAって書きますけど。

 

1枚目の写真でイケメンであるということを示すことによって、

まず、こいつは遺伝子的に優秀なので、こいつの種を自分に入れることができれば

良い赤ちゃんはできるんじゃないか、という風に女の子の本能がまず判断します。

 

これを突破したら次ですね。

 

サブ写真というところがあります。

2枚目とか、3枚目とか写真が設定できるんですけど、

じゃあ、このサブ写真で何を与えていけばいいのか、

どういうアピールをする必要があるのかですよね。

 

このサブ写真で必要なことは父性です。

父親としてどうなんだっていう話になります。

 

ここをサブ写真で訴求することによって、

女の子はこの人、会ってもいいかなってなるんですよ。

 

イケメンの写真だけだと女の子って怖いんですよ。

いわゆる遊び人ですよね。

 

イケメンってもう女がたくさん寄ってくるので、

遊ばれたら嫌だな、捨てられたくないな、

ということを女の子は考えてしまうわけですよ。

 

だから、父親的な写真もいりますよという話になります。

 

両方いるんですよ。

イケメン的な写真、父親的な写真、片方だけではダメなんですよ。

 

父親的な遺伝子は、良い遺伝子を持ってないんで、

メスは交尾しようと思わないんですよ。

なので、イケメン成分をメインで与えつつ、

サブの方で父性を与える。

この順番が非常に重要になります。

 

マッチングアプリのプロフィールの父性を与えるサブ写真の例

恋愛屋ジュン

1枚目のイケメン要素でOKだったら、次は父性的な要素を出していこう

 

父性って具体的にどういうものなのかというと、

これは子育てできるですね。

これが一番のポイントになります。

 

サブ写真で訴求することは、

「私は子育てをする能力がありますよ」

ということをサブ写真で訴求する必要があります。

 

父性を与えるための最強のサブ写真って何になるのか?

これは、2つあります。

 

これは何を使うかというと、まず心理学的に解説すると、

ハロー効果になります。

 

後ろに写っているもの、もしくは、一緒に写っているものの印象が

あなたに乗り移るという効果ですね

 

横にいるもの、もしくは、後ろの背景とかの印象が

あなたに乗り移るんですよ。

 

だから、このイケメンのところでは、

例えば青空の下で撮りましょうねとか、

白黒でスタイリッシュの場所で撮りましょうね

っていう話をしたのですが、

これ父性の方でも使えるんですね。

 

じゃあ実際にどうすればいいのかというと、

一番いいのは子どもと一緒に写るですね。

これ最強ですね。

 

だって・・子育てしているよねっていう話になるんですけど、

いわゆる、この子供の愛らしさ、可愛らしさ、優しさというのが

あなたへの印象として乗り移ります。

 

だから、子供と一緒に笑顔で写っている写真とかを

設定していたらもう最強ですね。

 

かなり強いです。

 

もう一個、まあ子供とはなかなか撮れないよ

っていう方もこっちなら取れるんじゃないかな

と思うのですけど、これ動物と一緒なんですね。

 

犬とか猫とかね。

 

あの猫カフェとかあるじゃないですか、

あともしくは、なんか動物園のふれあいコーナー

みたいなのありますよね。

 

なんかウサギさんと一緒に撮れますよとか。

そういう、いわゆる可愛らしい動物と一緒に撮ることによって

この動物、もしくは子供の可愛らしさ、優しい印象があなたに乗り移ります。

だから、優しそうな人だな、という風に感じるんですよ。

 

これどちらかをサブ写真、2枚目に設定することによって、

かなり食いつきが爆上がりします。

この写真、本能に訴えかける写真ですね。

 

女の子の本能はこの写真を見た瞬間に

こいつの遺伝子が欲しいなって思うんですよ。

 

2枚目を見た瞬間にこっちで何をしているのか

というと理性を納得させます。

 

最終的に特にアプリというものでは、

女の子は考える時間があるんですよ。

 

アプリの場合は、女の子が理性で考える時間があるので、

この人と会おうかな、どうしようかなって考えるからです。

 

だから、女の子が考えた時に会ってもいいかな

って思うための理由を作っておく必要がありますよ、

というのがこの話の結論になります。

 

こういう写真があることによって、

この人は良い人そうだから会ってもいいかな

っていうものなんですよ。

 

子育て能力が高いということは、

女の子は日本語で「良い人そう」という風に表現しています。

 

父性のポイントは、まずイケメンという前提がないと

使えませんよっていう話です。

 

だから、何度も書いておりますが、

 

1枚目がイケメン的要素

2枚目に父性の要素

 

それだけ忘れないようにして使うと、

かなり食いつきが高まります。

 

メッセージで、よく言われるようになるんですね。

 

「ものすごく優しそうですね」とか

「笑顔がすてきですね」とか

 

言われるようになるので、是非ともこれは使ってみてください。